ルミナピールに副作用ってあるの?ホントが知りたい!

ルミナピールに副作用ってあるの?ホントが知りたい!

手の甲のシミを消すと話題のルミナピールに副作用ってあるのでしょうか?
副作用が出るような危ない成分が入っていないのか調査しました。

 

 

ルミナピールの成分をひとつひとつ調べてみました。

 

副作用が起こるような成分は一つも配合されていませんでした。成分それぞれは化粧品に使われている成分や昔から漢方として重宝されてきた成分ばかりで構成されています。ルミナピールの成分は安全性が高い天然由来の成分ばかりです。

 

そもそもルミナピール自体が化粧品なので、副作用の心配が極めて低いです。

 

副作用の程度としては、やはり医薬品が効果効能が高い分副作用が強く、次に医学部外品が副作用の程度が緩やかになりますが、化粧品と比べて副作用が少し高めです。その点、ルミナピールは化粧品に分類されるため、副作用の程度はかなり緩やかであると言えます。

 

 

化粧品でも肌に合う合わないという意味では、肌にかゆみが出たり、赤みが出たりといったことは起こります。しかし、これはどの化粧品でも同じですので、取り立ててルミナピールが副作用が高いというはありませんね。

 

 

つまり、ルミナピールは安心して使えるということです♪

 

 

化粧品でも合う合わないがありますが、万が一自分の肌にルミナピールが合わない場合は、ルミナピールは全額返金保証がついているので安心して試すことができます。

 

ルミナピールは天然成分によるピーリングで安心!

 

手の甲のシミを薄くするという点では、一般的にハイドロキノンという成分がよく使われています。このハイドロキノンという成分はシミやそばかすに効果があると言われており、美白化粧品や、皮膚科で処方されるクリームに含まれています。

 

ハイドロキノンという成分は発がん性がある物質として一部では話題に上がっています。実際アメリカの実験でラットに高濃度のハイドロキノンを投入するとガンになりやすくなったという研究結果があるようです。

 

しかし、人間に対してハイドロキノンが発がん性があるとの裏付けは取れていないのが現状です。

 

とはいえ、動物実験で発がん性がある物質であるハイドロキノンが含まれていたら心配になりますが、ルミナピールはハイドロキノンをしようしていません。

 

ルミナピールは天然の植物から抽出された成分をしようしているため安全はかなり高いです。ルミナピールで副作用の心配をしなくても大丈夫です(^^)

 

ハイドロキノンはシミが悪化する!?

 

シミ消しクリームによく使用されているハイドロキノンの副作用の話が出たので、ハイドロキノンについて触れておきます。

 

ルミナピールにハイドロキノンは入っていませんのでご安心ください(^^)/

 

ハイドロキノンは実は紫外線対策をしないと逆にシミを濃くしてしまうこともあります。手の甲は紫外線対策はわりと難しいですから、ハイドロキノンの入ったシミ取りクリームよりも、ルミナピールの天然由来成分でのシミ取りピーリングの方がこの点でも良さそうですね!

 

ルミナピールは安全性が高い

ルミナピールは天然植物成分、化粧品でも注意すべきアルコールなどが入っていません。

 

・天然由来成分

 

・安心のフリー

 

これまで、ルミナピールは天然由来成分ばかり入っているので副作用は大丈夫ですよということを書いてきました。

 

ルミナピールは化粧品で気にする方もいると思いますが、安心のフリーです。つまり、アルコールフリー、パラベンフリー、石油系界面活性剤不使用、紫外線吸収剤不使用です。

 

またピーリングジェルやクリームを使うときに注意しないといけないのは、石油系界面活性剤不使用かどうかという点も大事です。石油系界面活性剤が入っていると手の甲が荒れてしまうこともありますから注意が必要ですね。

 

 

その点ルミナピールは手の甲にやさしい成分で出来ていると言えますね(^^)