ビサロボーロ(カモミール)について

ビサロボーロ(カモミール)について

ルミナピール 成分 ビサロボーロ
ルミナピールは手の甲のシミを消す人気のハンドピーリングクリームです。

 

ルミナピール代表成分である『ビサロボーロ(カモミール)』について調べてみました。

 

ビサロボーロ(カモミール)って何?

カモミールはヨーロッパ、西アジア原産のキク科の植物です。

 

ビサロボーロ(カモミール)は昔から皮膚の薬として使われてきた!?

カモミールの皮膚炎の治療薬として使われてきた歴史は長く、ドイツでは90年以上、カモミールが市販薬として使われています。

 

ビサロボーロ(カモミール)は皮膚の炎症を抑える成分として信頼されていると言えます。

 

カモミールには炎症反応を抑える成分として、プロスタグランジン、ロイコトリエンが含まれています。

ビサロボーロ(カモミール)はお茶として人気

ビサロボーロ(カモミール)はお茶として聞いたことがあるかもしれません。

 

カモミールティーというのは有名ですよね。

 

カモミールティーは不安を沈めたり、喉の痛みを和らげる作用があるとして眠れない時に飲むと良いとされています。

 

なぜ不眠にカモミールティーが良いのかというと、

 

1つの理由としては、カモミールには、眠れない原因の一つである関節炎症状を緩和する可能性があると言われているからです。

 

2つ目の理由としては、カモミールはフラボノイド類を含んでいることから不安を鎮めると言われているからです。

 

このような不安を抑えるのはカモミールにアピゲニンを含んでいるからです。

ビサロボーロ(カモミール)に副作用はある!?

ビサロボーロ(カモミール)には、お茶として飲む習慣もあり安全性は高いと言えます。

 

子どもや、妊娠中、授乳中であっても安心して活用できます。

 

とても可能性が低い話なのですが、アレルギー反応が出る人もいます。

 

カモミールアレルギー反応と呼ばれるものであるものの、ほとんど配慮しないでいいほど可能性は低いようです。

 

カモミールにアレルギー反応が出る可能性がある人はどういう人かというと、キク科の植物にアレルギー反応がある人です。

 

ここでいうキク科の植物というのはキク、ブタクサなどのことです。

 

ほとんどアレルギー反応が出る人はいないようですので、あまり心配はしなくて良いものと思われます。

 

心配な場合は、ルミナピールを少量、手につけてみて、パッチテストをしてみると良いでしょう!